スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗り込んできた男
やあ!
乗り込まれた男』でお馴染みのKOZY★KOZYです。
今回はタイトルの通り「乗り込んできた男」の話だ。
例えば、自分の車に知らないおっさんが乗り込んできた、、
なんて事よーくあるよね。
今日はそんなおはなし・・

・・あの日はバンドの練習があったんだが、その日も夜12時から朝6時までの
いつもの「6時間パック」でスタジオに入ったんだ。
熱のこもった練習を終えた朝6時過ぎ、オレは愛車の
銀星(シルバーの日産シルビア)」で帰宅の途についた。

走り始めて15分・・場所は香椎。
信号待ちをしていると、助手席の窓越しにおっさんが寄って来て
何かゼスチャーをしている。
オレが「なんだろう・・」と思っていると、そのおっさんは突然
助手席側のドアを開け、車に乗り込んできた!
突然の出来事に焦るオレを尻目に、おっさんは満面の笑顔でこうのたまった。

おっさ:『いやあ・・現場で便所に行っとったら、みんな帰っとーっちゃもん。
     置いていかれたけん、にいちゃんちょっと送ってくれんね』


・・怪しい・・怖い・・これは強盗では・・??
確かに見た目は現場の作業員風で、なんか工具ポーチ的なものが腰についているが、
この時のオレの心理状況でいくと、この中にオレを襲う為の凶器が入っているであろうことは
疑う余地もなかった。
オレはビビリながらも、平静を装いこう言ってやった。

K:『えと、、じゃあ・・それで、どこまで行きたいんですか?』

もはやタクシー運転手だったが、これが精一杯だった。。

おっさ:『えーとね、、佐賀まで行けんかいな?』


さ!佐賀やと!?
今から!?徹夜明けのオレが!?凶器を腰につけた謎のおっさんと!?
そりゃ、まっぴらごめんだ。
しかしあんまりハッキリ断ってヤツを刺激すると危険なので、
やむを得ずオレはいくらか譲歩する事にした。

K:『あの、、姪浜までで勘弁して下さい』


恐怖のあまり下手(したて)にでてしまった。。

おっさ:『あぁ~そうね・・じゃあそこまで行っちゃるかいな?』

K:『あ、はい・・』


こうしてオレは見知らぬおっさんを車に乗せてしまう事になった。

道中、おっさんは異常に高いテンションでしきりにアンプやスピーカーの話をしていた。
BOSEがどうだとか、びょうぶがどうだとか、なんかそんな話だった。
普段のオレならそれなりに反応する話題だが、今この謎の状況に困惑する
オレとしてはどーでもいい話だった。

結局おっさんは、ずーっとスピーカーの話をし、オレは
「へぇ~」とか「おぉ~」とか心無いあいづちを打ち続ける事20分・・
ついに姪浜に着いた!おっさんを降ろすチャンスだ!

K:『あのぉ~ここ姪浜なんで、ちなみに駅はあっちにありますんで、
  この辺でいいですかね?』


おっさ『んあ?・・もうちょっと行ってやらんね!』


あれ?、、なんかちょっとキレてるっぽい・・。

K:『ああ・・じゃあもうちょっとだけ』

脅しに負けた・・オレはもう少し先まで行ってやる事にしたが、
疲れたし、眠いし、11時からバイトやし、さすがにオレだってもう限界だ。
殺されるかもしれないが、キレ気味のオレは福重辺りまで来た時に言ってやった!

K:『もうホントここまでで勘弁してくださいよぉ・・』


懇願するオレの様子が胸に響いたのか、おっさんはやっと諦めた。

おっさ:『そうやね、にいちゃんも大変やしな。ここでいいわ、あんがとね』


ふう・・どうやらオレの勝ちのようだ。
こうしてめでたくおっさんを降ろす事ができ、道中の張り詰めた緊迫感から
やっと解放されたオレは帰路についた。

・・・このおっさんがやはり「不審者」だったのか、
仲間に置いてかれた「街の漂流者」だったのか、真実は分からないが、これだけは言える。

みんな達!
車に乗るときは必ずドアロックをするべしぞ!


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

さすがはスタァ!

巻き込まれるとLoveるもギャラクシー級ですね。
晴親 | URL | 2009/11/01/Sun 00:06[EDIT]
とLoveる! (^^)
オレの人生振り返り編もとうとう中盤だぜ・・
こんな奇跡エピソードはまだあるから楽しみにしててくれよ!
バーイ!v-222
KOZY★KOZY | URL | 2009/11/04/Wed 14:33[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © スタァKOZY★KOZYの真のスーパースタァへの道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。