スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIGのあと
オレが高校の頃に経験したある事件について話そう。
ある時バンドの先輩に誘われて「ももちパレス」という800人収容の
大ホール?でライブを演った事があった。
これがその時の写真だ。
gt-01e.jpg
(↑目伏せを入れています。)

もちろん800人もお客を呼べはしないので、席はガラガラだったが
ノリノリのキメキメでライブ自体はバッチリこなして、上機嫌でステージを終えた。
・・が、、事件はその後起こった。

ステージを終え、喉が渇いたオレと友人Nは、エレベーター前の柱に
お互いのギターを立て掛けてジュースを買いに行った。
そして戻ってみると、置いてたギターが2本とも無い・・
まさか・・やられた・・ギターが盗まれた!

ガッデム!!

まるで蝶野のように自然に出た。
状況とマッチした言葉というのは実に美しい・・。

それはさておき、こりゃあ一大事だ。
バンドマンにとってギターは命
芸能人なら歯が命
辺りにギターを抱えた怪しいヤツがいないか、すぐさま見まわしたが
その日はちょうど花火大会があって街は人でごった返しており、
どうにも見付からない。

かなり探し回ったがダメだったので後日、警察に盗難届けを出す事にしてその日は諦めた。
届けを出してから二週間経っても連絡は無く、モヤモヤとしていたある日、
一緒にギターを盗まれた友人Nから電話があった。

なんでもNの彼女がオレ達の物らしきギターを「質屋」で見付けたらしい。
素晴らしい、お手柄だ。
すぐにNとその質屋へ行ってみると、確かにオレのギターと、
その横にはNのギターが置いてあった。
しかも、ショーケースにはオレ達のエフェクターやチューナーまでも
ちゃっかり商品として売られているじゃないか!

くっそう!ふざけるな!怒りが込み上げてきたオレはレジへ行き
あそこに売られてるギターは、この間盗まれたオレ達のものだ、
といった事を店員に言ったが、

そう言われましてもねぇ・・ウチも買い取ってますから困りますねぇ(ニヤニヤ・・)
とラチが明かない。

とりあえずこの事を警察に伝えたが、捜査をして何か進展があれば
連絡するから待っていろ、という事だった。
しかしその後、まったく連絡の無いまま2ヶ月程が経過した為、
痺れを切らした友人Nがついに警察に怒鳴り込むという暴挙に出た。

N:『オレ達のギターの件どうなっとうとや!早く捜査してくれよ!』

警:『なにおぅ!警察には殺人事件とか凶悪犯罪もあるんやから
  その件ばっかりやる訳にはいかんのだ!ちょっとこっち来なさい!』

   
・・・この後彼は別室へ連れて行かれて、警官とタイマンで
   こってりと2時間余り説教されたらしいです・・

しかしNがせっついたお陰か、その後捜査は進んで
犯人はなんと「親子の窃盗犯」だという事が分かった。
なんでも、子供が盗んで親が売る、というコンビプレイが手口の窃盗常習犯だそうだ。

で、結局ギターはどうなるの?と警察に聞いたところ
これは盗品だが、質屋が買ってしまってる以上「質屋から買い戻す」という事になるそうだ。
バカな!そんなおかしな話はない。
自分の不注意からとは言え、盗まれた挙句に取り返す為には
また買わなければいけないだとぉ!?

ブチキレたオレ達は相当しつこく警官に喰らい付いた。
そしてそれが功を奏したのか、「税金を使って買い戻す事が出来るかもしれない」
という事になり、最終的には税金で質屋から買うことで話がついた。

程なくして「税金で買ったからギターを取りに来い」との連絡が
警察からあり、ついにやっと、、ギターはオレ達の手元に戻ったのでした。
皆さんの税金のお陰です!その節はどうもありがとうございました!

まあ、このようにしてこの質屋事件は一件落着し、特にオチもないが、
・盗まれた  そう思ったら  まず質屋
を合言葉にみんな達も、こんな事が無いように気をつけて欲しい。



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

いやぁ、スタァともなると、お国からの全面バックアップを受けて、音楽活動を行っていたんだぁ。


ぜひライブの時は国家斉唱をお願いします(笑)

晴親 | URL | 2009/08/17/Mon 07:18[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © スタァKOZY★KOZYの真のスーパースタァへの道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。