スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■一人肥後旅情 (山よさらば・・第三章)
・・一人肥後旅情第三章・・・

朝、車中で目覚めたオレが、まず思ったのは猛烈に寒い・・。
時刻は朝5時、、そう山の朝は寒い。
しかし、ここで暖房をつけてしまっては、せっかくの大自然が台無しだ。
まだ日が昇っておらず、辺りは薄暗かったが、大自然を体全体で感じる為に、
オレは川へ降りた。

まじで寒い・・ガチガチ震えながら空を見上げると、だんだん日が差してきた。
オレは日のあたる場所へ移動してハッとした。。
日の光とはなんと暖かいんだ・・太陽の暖かさを実感し、
朝一から大自然を味わったオレは、このいい感じの渓流を後にし、
更なるいい感じスポットを求めて適当に車を走らせた。

しばらく走ると「ダム」に行き着いた。
湖面に映る美しい木々の新緑は、オレのイマジネーションを激しく刺激した。
素早く車のトランクから、マイギターを取り出し(いつも車に積んでいた)即興でダムに歌を捧げた。
タイトルは「名も知らぬダムの歌」だ。
・・ふぅ・・いい仕事をした。
うん、この旅は「いい感じのスポットに歌を捧げる旅」にしよう。
そう決めたオレは次なるいい感じスポットを目指した。

次に見つけたのは、広々とした段々畑で、その圧倒的な大自然に囲まれた
雄大な畑はオレの足を止めさせた。
車を降り、畑に歌を捧げようとギターを手にし、ふと見上げると遠くに人影が見えた。
どうやらこの畑の持ち主であろう、老婆がこっちへやってくる。
老婆はオレの前まで来ると、軽くおじぎをして、

婆:『どこから来なさった?コレば食べんね』

そう言って「おむすび」を差し出した。
おお・・・いい人だ、、畑でギターを抱えているこの怪しいオレに対して、
なんという優しい心の持ち主だろうか。。
オレは、ギター片手に福岡からやって来て、ぶらり一人旅中だという事、
いい景色に歌を捧げて行脚しているんだ、といった事を話した。

婆:『ふ・・!福岡から!?ありゃまぁ~・・ご苦労さまで』

老婆のリアクションは「福岡」というフレーズで驚き過ぎだったが、
まあこんな田舎なら、確かに他県からやってくる人はあまりいないかもしれない。

そして二人でおむすびを食べながら、話しているとこの土地は
五月村』という場所だという事が分かった。
オレはおむすびのお礼に、この老婆と畑に歌を捧げた。
タイトルは「お婆ちゃんのおむすび・・美味しかったよ」だ。
歌い終わると老婆は、「たいしたもんだ」だか「なんまいだー」だか
「ありがたや」みたいな事を言いながら、満面の笑みでオレを送り出してくれた。
ありがとうお婆ちゃん!
オレは老婆に手を振りその場を後にした。。

この日は予定の最終日だったし、老婆との素敵な出会いに
心温まり満足したオレは、この気持ちを胸に帰路につく事にした。

しかし、ここまでかなり適当に走ってきたせいで、
帰りは道に迷いまくって結局、家まで6時間程かかってしまったが、
これもまあ、いい思い出のひとつさ。。

と、このようにしてオレの「一人肥後旅情」は幕を閉じた。
九死に一生だったり、圧倒的な大自然、そして思わぬ出会い、、
それら全てがオレをまた一回り成長させた事は言うまでもない。

オレはこの旅の思い出を一生忘れないだろう。。

『 一人肥後旅情:完 』





■一人肥後旅情 (男の野生・・第二章)
やあ!「久しぶりの更新になっちまったぜ・・」でお馴染みの
KOZY★KOZYです。
実はオレ、ついに新しい仕事が決まったんだが、休みがあんまり取れないんだな、コレが。
だもんで更新頻度は下がると思うけど、これからも続けていくんでどうぞヨロシクぜ。


一人肥後旅情・・・・前回、死にそうになった恐怖の2Kmバックを経て
その後のオレはどこか達観したような感じがあった。

「もはや多少の困難ではひるまないぜ・・むしろウェルカムだぜ・・ウフフフ・・」

ってなもんさ。
そんな気持ちのまま、ところどころに「マムシ注意」の看板を見つつ
車を走らせる事1時間、、、ついにオレはイイ感じの場所を見つけた。
そこは、道路脇に車を停められるスペースがあり、さらに階段を下りると
辺りを木々に囲まれた美しい渓流、、何やら川魚も見える。
川の中央には大きな石がデーンとあり、その上に座して釣るしかねーな・・
ってなもんで、もうロケーションとしては完璧だった。


一刻も早くこの圧倒的な大自然と向き合いたかったオレは、
さっそく車を停め、階段を降り、浅い川を渡り、向こう岸へと渡った。
タバコを一服入れつつ、まず何から始めるかを考えた。

『そうさなぁ・・・やっぱ・・メシ・・・・・・だな・・・』

この時点で昼の2時頃、、日暮れが早いので山の午後は忙しい。
プランとしては、
①火をおこす為の薪ひろい
②カマドつくり
③魚釣り
④火おこし&ご飯炊き
⑤おかず調理、実食
ってな感じだ。

まずは火をおこす為の薪ひろいからだが、幸いここは木々に囲まれた場所なので、
枯れ木はいくらでも落ちていた。
ある枯れ木に手を伸ばしたら、枯れ木がスルスルッと森へ消えていった。
そう、ヘビだった。
見た目から、マムシヤマカガシだろうが、どちらも日本を代表する毒蛇だ。
噛まれたらと思うとゾッとしたが、野生動物との触れ合いに少し興奮した。

薪を拾い終わって、手際よくカマド作りを済ませたら、いよいよ釣りだ。
川魚は警戒心が強いので、エサは現地調達が基本だ。
(魚的には自分の知らないものは口にしないらしい)
岩をめくり川虫をしこたま集めたオレは、悠然と大岩の上へ座して釣りを始めた。
一時間ほどやって、釣果的にはまあまあでアブラハヤという魚が7匹ほど釣れた。

さあ、宴の準備は整った。
今夜の献立はアブラハヤの丸焼きに、ご飯、そしてワイルドに瓶ウイスキーだ。
火をおこし、飯ごうで飯を炊きつつ、魚の串刺しを火にくべる。
う~ん、いい・・・男として野生の本能が呼び起されるひと時だ。
まずは魚を一口・・ウイスキーをグビリ・・・魚をもう一口・・ご飯少々・
こうして一人ワイルドに食事を済ませ、オレはとてもいい気分だった。


空には満点の星達が見える・・そういえばレオナルド・ディカプリオ主演の
バスケットボールダイアリーズ」という映画の中に、今のオレと似たロケーションで
星を見ながら印象的な行動をするワンシーンがある。
映画を見た人は分かるだろうが、アレをオレもちょっとやってみた。
大自然に抱かれ気分が大きくなっていたんだろう、、まあ若い頃にはよくある事だ。


そして、満天の星達を見ながらいつしかオレは眠りに落ちていた。。
・・が、しばらくしてふと目を覚ますと少々マズイ事になっていた。

「川の水が増水している。。」

しかも何やら森の方から「獣の遠吠え」やら「謎のガサガサ音」やら、
いろいろと聞こえてきて、この場所は非常に不気味な感じになっていた。
もはや昼間のようなあの「イイ感じの渓流感」は0で、ここはすでに「怖い渓流」となっていた。
何にせよ、この中州はこのまま2~3時間もすれば沈んでしまうだろう、、。
オレは荷物を抱え車へ戻ろうと川へ入ったが、昼間とは一変し水は凄く冷たいし、
流れがとても速くなっており、かなり危険な感じで、
荷物を持ったまま川を渡るのは厳しい状況だった。

オレは一旦岸へ戻り、荷物を全て向こう岸へと放り投げ、それから川を渡る事にした。
転ぶと危険なので、すり足でジワジワと進み、なんとか無事に車へ戻った。
もう遠吠えは怖いし、びしょ濡れでむちゃくちゃ寒かったんで、アウトドアに反する行動だが、
車の中で暖房ガンガンにしてその夜はすぐ寝た。

へへ・・・とまあ、3日目はこんな感じで、最後はともかく圧倒的な大自然を
満喫出来た良い一日だった。
次回はついに旅の最終日だ。
自然の厳しさ、美しさ、そして素敵な出会いのエピソードを話そうか・・。



■一人肥後旅情(恐怖の2kmバック・・第一章)
やあdoumo!!
『マタタビ野郎』でお馴染みのKOZY★KOZYです。
ところで、みんな達、旅は好きかい?
実際行く事はほとんどないがオレは「旅好き」だ。
数年に一度くらいの周期でフラッっと行きたくなる。。
そんなオレが以前に経験した思い出深い旅の話を今日はしようか・・

それは確か、ある年のゴールデンウィークだったと思う。
熊本辺りで一人旅にでようかな、と急に思い立ったオレは車を走らせた。。
熊本市内へ到着したぐらいから、ひどく渋滞し始めた為イラつきながら走っていると
先の方に馬が歩いているのが目に入り驚いた。

どうやらそれは熊本のお祭りで「ぼした祭り」というものらしく、
その為の渋滞だったらしい。
とりあえず一般の道路で馬を引いて行進するお祭り?だとオレは理解し、
速やかにわき道へと進路を変更した。

元々、目的地は特に決めてはおらず熊本の山の中で、なんか
渓流のある感じの場所に行きたい、といったアバウトなイメージしかなかった。
とりあえず宇土という土地の山中へ行き着いたが、良さそうな場所が無いまま日が暮れて
結局初日は道路わきに車を止めて一夜を明かした。

次の日、今日こそはいい場所を見つけようと気合を入れて、
車を走らせていると、なにやら雰囲気の良さそうな山道を見付けた。
そこは舗装もされていない道だったが、川のせせらぎも聞こえるので
きっとこの先にいい感じの場所があるだろう、と直感しオレは進んでいった。

しかし進むうちにだんだんと道は細くなり、片側は切り立った崖となり、
車一台通るのがやっと、という道になった。
更にはかなり深い霧まで出てきて視界はゼロ。
この危険な状況にさすがにちょっと不安になったオレは、一旦車から降りて
歩いて先を見に行く事にした。
タバコに火をつけ、、10メートル程進んだところでオレは衝撃の光景を目にした!

『!!げげぇえっ!!道が・・・ない・・・!』

なんと道が途中で途絶えており、そこは断崖絶壁状態だった。
無論、そのまま進めば崖をまっ逆さまに転落、という大惨事となる。
ホントに危なかった・・・もしあのまま車で10メートル進んでいたら、オレは確実に死んでいただろう・・
そう思うと足が震えた。

なんとか命拾いをし、ホッとしたオレだったが実は本当の苦難はこれからだった。。
懸命な読者の方はお気付きだろうが、オレは車に戻ってハッ・・!とした。。
そう、、車一台がやっとの道で先は行き止まり、な訳だから帰る為にはつまり、、
バックで進まないといけない」という事だ。

ここまで約2km・・片側が崖の超狭い道をバックで戻らなければならない。
もし、ハンドルを切り損ねれば崖へ転落・・そしてボンッ!!・・即死だぜ。
いや、冗談めいて書いているがこれホントに洒落になってなかった。。

この頃はまだ携帯など無かったから、ロードサービスを呼ぼうにも手段がない。
ついに決心したオレは、針の穴に糸を通すよりも慎重に慎重にバックを始めた。
怖い・・これマジ死ぬかも・・・
全身から噴き出す冷や汗とか、何か分からない汁、、相変わらず視界はゼロ・・
途中何度も停車しながら、とにかくじっくりじっくりと進んだ。

そんな状態のまま一時間くらい進み、オレの精神力も限界近くを迎えた頃、
やがてあの懐かしくも恋しかった舗装道路がオレの視界に入ってきた。
おお・・生還だ・・・・
自分の生を強く実感すると共に、オレの中では壮大なスケールの映画音楽が鳴り響き
映画のラストシーンさながらの気分になった。
そうしてなんとか無事に、まともな道に戻る事が出来たオレは、
次こそ良い場所を、と再び車を走らせた。

という訳で、初日は意味なしで、さっきは死にそうになったりと
ここまで散々だったが、ここからは出会いと良い景色を満喫する素敵な旅となる。
それはまた次回の講釈で。。



■見えざるものたち・・
突然だが、みんな達はいわゆる「霊障」や「超常現象」といったものを
体験した事があるだろうか?
オレはある。
今、急に思い出したんで今回はその話をしよう。。

・・あれはオレが13歳、中学校1年の時に学校の夏季キャンプで、
大分の九重に行った時の事だ。
そこは山の中のキャンプ場、といった感じでなかなかに清清しい所だった。
現地に着くと、早速夕飯の支度となり、飯ごうで飯を炊き、鍋でカレーを作った。
しょせん中坊なので、そんなに上手く作れるはずも無く、ご飯はゴワゴワ
カレーはシャバシャバだったが、今となってはそれも思い出の味と言える。

さて、時は流れて就寝時間、、
テント内は4~5人でザコ寝という状態で、暑くてかなり寝苦しかったが
それでもやっとオレがウトウトし始めた頃、、突如「うわあああああ」という
叫び声と共にテント内に人が入ってきた。
何事か!?と思ったが、それは隣の班のヤツのたちの悪いイタズラだった。

せっかく寝ていたところを起こされすっかり腹を立てたオレ達は、
そのひょうきんものをこっ酷く叱りつけ、スッキリしたところで再び眠りについた。
そして、事が起こる・・

オレが寝ていると突然「ボコォッ!!」と激しく腹を蹴飛ばされた感覚があった。
驚いて飛び起きると、白い帽子、白いシャツ、白いズボンのヤツが
ボバッ!という音と共にテントから飛び出していった。
「ふざけやがって、、あの野郎・・さっきあれだけ叱ったのにまた来やがった!!」
オレはまたさっきのヤツがまた来たんだと思った。
ブチ切れてヤツの後を追おうと立ち上がったその時、、オレの眼前にせまったのは
テントの横側だった。

ちょっと分かり辛いかもしれないが、テントの出入り口は1つだけ
横側から出入りする事はできない。
しかし白いヤツは出入り口ではない横側から飛び出し姿を消した。。
もちろん出入り口のチャックは開いてない。
つまり、、
全身白い格好のヤツがテント内を猛ダッシュで駆け抜け、オレの腹を蹴飛ばし
終いにゃテントの横側から通り抜けて出ていった
、、という事になる。
you-lei01.jpg
(↑イメージ画像)

もう、「ひぃー!!出たー!」って感じだ。
怖くなったオレは皆を叩き起こして、いきさつを話したがやはり誰一人として
信じてはくれなかった。

・・次の朝、念の為に他の班のヤツに「昨日、うちのテントに来たか?」
と聞いてまわったが、来たというヤツはやはり1人もいなかった。
まあ、ちょっと地味だがこれがオレの霊体験だ。

しかし更にオレは未確認飛行物体すなわち、UFOを見た事もある。
簡単に話すと、ある花火大会に行った時に、花火が終わった後で
連れのギャルとベンチに座って話をしていた。
オレがなにげにふと空を見ると、小皿のような物体が点滅しながら小さな円を描いて
フッ・・と消えた。
ufo-01.jpg
(↑イメージ画像)

ギャルにも「今見たよな!?」と聞いたところ「うん見た、、何あれ・・」と言っていた。
これがオレの見たUFO話だが、あれは間違いなくUFOだったと断言する。

そういえば妖怪に出会った事もあった。
オレが学校の帰りに歩いていると、後ろからヒタヒタ・・と足音がする。
振り返ってみるが誰もいない。
また歩き始めるとヒタヒタ・・と足音がする・・オレはピィーンときた。
こりゃあ・・「べとべとさん」だな。
ちなみにべとべとさんは、かの水木しげる先生も遭遇した事があるらしい有名な妖怪だ。
しかし運良くコイツの対処方法を知っていたオレは、すぐさま手を打った。
『べとべとさん、べとべとさん、お先にどうぞ・・』
betobetosan-01.jpg
(↑イメージ画像)

そう、べとべとさんはこのように言って、道を譲ってあげると離れていくのだ。
どうやらオレは正しく対処できたようで、その後は足音はしなくなった。

・・・とこれらがオレが体験した事のある「不思議体験」だが、
当然誰も信じてはくれないので、オレはあまりこの話はしない。
しかし、嘘つき呼ばわりされるのを覚悟の上で最後に1つだけ言わせてもらうならば、こうだ。

『幽霊もUFOも妖怪も実在するんだぜ・・オレが証人だ!』

・・・end




■牛心編 第三章:『死がよぎったあの夜』
「覚醒剤やめますか?人間やめますか?」でお馴染みのKOZY★KOZYです。
ちょっと長くなるが、今日はオレの人生でもトップクラスと呼べる「恐怖体験」の話をしようか。。

・・牛心で働き始めて数ヶ月経ち、オレもだいぶ慣れたある日、いつものように夜勤に出勤すると
昼番の人からこんな事を言われた。

昼:『KOZY、どうやら要注意人物がシャバに出てきたらしいから、ナイトは気をつけろよ。
   ヤバくなったらすぐに警察呼べよ。


え?要注意人物って何?
と思い聞いてみると、、それは数年前まではよく現れていたらしい
通称『シャブたれ』、つまりは覚醒剤中毒者の事だった。

マジなのか!?そんなヤバイのも来るのか!??
確かに中洲牛心ナイトの客層というと、酔っ払い、ヤクザ、ホームレス、ホスト
といった感じで、普通の客はほとんど来ない。
そんなもんで、これまでもヤクザに「お茶がぬるいぞオラァっ!」と言われ
熱いのに替えて持っていくと「熱かろうが!オラァっ!!」といちゃもんつけられたり、
ホストが「お冷下さい、、えーと100杯!ぎゃははは!!」とか、
夜10時から朝の9時までの11時間、あらゆる絡まれ方をするので、その頃のオレは
かなり強靭な精神力を身につけていた。
だが今回ばかりは勝手が違う・・・まさかシャブ中とは。
しかし、その忠告を聞いた数日後、ついにヤツは姿を現す。。

その日、夜中の2時過ぎ頃に「牛丼はうまいなぁ」と言いながら飯を食う、
坂上二郎似のおっさんが来た。
酔っ払いと思いオレは特に気にしてなかったが、その男は飯を食い終わると
突然ひどく錯乱しだした。

シャ:『ぎゅうどんはウマイナー!!わあぁー玉子ぉがほしいなあー


!?何事かと思ったが、オレはすぐにピーンと来た。
・・コイツがシャブたれだ!
シャブたれは大声で喚きながら椅子をガツンガツン蹴りつつ、
オレの方へ寄ってきて何か言っている。

シャ:『!!△★■××○▲▲ってぃ!ばあ☆あーーー!


怖ええーーー!何言ってるか解らねぇ・・
ああっ!!目が寄ってる!!まじコエエエエーーー!!
きっと、オレには見えない何かが見えているんだろう・・
gaz-01.jpg
(↑イメージ画像)

シャブたれは奇声と寄り目のまま傍にあった醤油ビンをムンズと掴むと、
振り返りながら激しく壁にブン投げた。
・・・パリーーィィン!!
壁一面に飛び散る醤油・・砕け散るビン・・目を見開く同僚・・全てがスローモーションだった。
そしてシャブたれは満足したのか、フラフラと店を出て行った。

・・・恐ろしい。
もう二度とこんな思いはしたくない!と激しく思ったが、残念ながらこれ以降
ヤツは何度も現れるようになる。。
ただ、おとなしい時もあって、そんな時は意味不明の呪文を発しながら
湯飲みを持って出て行ってしまう程度ですむが、悪い時は
千円札を数十枚突き出して「金を数えてくれ」と言い、店員が数えて枚数を伝えると、
足りんやないか!」と絡んで自称足りない分を巻き上げようとしたりする。
そしてこの男に初めて出会ってから1ヶ月ほど経ったある日、
オレはこれまでで最怖の思いをする事になる。

・・その日のヤツは現れるなり危険度MAXだった。
なんと顔面血まみれで店に入ってきた!

シャ:『ああーーーっ!!死んでしまうまで誰かと喧嘩がしたいなぁーー!!
    殴り合いたいなぁーー!!うわああーーー


そう叫びながら壁をがんがんパンチしているシャブたれ。
もうキメキメだ。
何があったのかは知らないが、今日はかなり興奮している様子で、
身の危険を感じたオレはコリャやばい、と中州の交番へ電話して
シャブ中が血まみれで店で暴れてるから早く来てくれ、との要請をして警官の到着を待った。
・・・しかし警官はなかなか来ない。
そして少しすると、シャブたれは壁パンチを止めて、こっちへ来て何やら叫びだした。

シャ:『あくしゅぅーーしよう!あぁあくしゅうう~~を!

「握手をしよう」と言っているらしい。
ええっ! 超怖い!!シェイクハンドだって!?
ちょっと想像してみてほしい・・。顔面が血まみれで叫びながら壁を殴っていた覚醒剤中毒者が
握手をしよう、と寄って来た、、もちろん例の寄り目でだ。
gaz-02.jpg
(↑イメージ画像)

そんな申し出を受け入れるなんぞ絶対に無理だ!
しかし、躊躇するオレにシャブたれは少々イラついた様子で、
「握手っ」と言いながら手を差し出してきた。

・・これは殺される・・・マジで思った。
これまでの牛心での日々が走馬灯のように蘇り、
その記憶が現在に至った所でオレは観念した。
差し出された手を力無く握り返し「寄り目田 シャブ男」の血まみれの顔を
間近で見た時、意識を失いそうで、まったく生きた心地がしなかった。
というか、もう死んだ気がした。

数秒後、シャブたれは放り投げるようにオレの手を振りほどき、
厨房にいた同僚にも握手を求めた。
彼は一瞬オレの方を見て、助けてくれ!みたいな目をしたが、
オレはつい視線を逸らしてしまった。。
オレに見捨てられた彼は、気絶しそうな顔で握手をし、終わった時には抜け殻のようになっていた。。

オレ達二人の心に「一生消えない恐怖」が刻み込まれた頃、、
やっと警察が到着して暴れるシャブたれを取り押さえ派出所に連行していった。

・・・かくしてこの恐怖の夜は幕を下ろし、オレ達は無事に美しい朝を迎える事ができた。
そしてこの一件から後、シャブたれはパッタリと姿を見せなくなったが、
恐らくはまたお勤めにいったのだろう。。

牛心のナイトではこの時の経験が一番恐ろしかったのは確かだが、その他にはこんな事もあった。
例えば、「にいちゃんこれ何かわかるやぁ?(ニタニタ・・)欲しいかぁ?
と言いながら「謎の白い粉」の入ったビニールの小袋を見せるおっさんや
これは言っていいのか分からないが、、、「拉致」的な現場を目撃した事もあった。
店の外でホステス風の女の子が歩いているのを眺めていたら、突然女の子の背後から黒塗りの車がやってきた。
たまたまそうなったのか、車はオレの視界を遮るように停車すると、中から数人の男が出てきて
女の子を車に押し込みそのまま走り去っていった。

と、こんな感じで牛心時代はめったに出来ない経験をいろいろしたが
最後にみんな達に言っておきたい。
これらは全てノンフィクションでホントにあった実話だという事。
あと、もうね、、覚醒剤だけはヤバイから絶対ダメよ、という事で。

牛心編終了。


Copyright © スタァKOZY★KOZYの真のスーパースタァへの道. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。